ORIENT BLACK 本文へジャンプ
ニグロシンの結晶化遅延効果とは?

結晶化遅延効果がもたらすメリット
1.表面外観の向上
  ⇒成形物の平滑性が増し、光沢度が向上します。[染料と顔料の比較(PA6編)参照]


2.低温金型で成形可能
  ⇒固化点が低くなる為、金型温度を低温に設定できます。

3.振動溶着などの接着性向上
  ⇒成形物表面にスキン層(アモルファス層)を形成する為、接着性が向上します。

4.流動性の向上
  ⇒結晶化速度が遅くなるため流動性が増し、成形性が向上します。


スパイラルフローテスト
条件:
樹脂…DuPont社製 Zytel(R) 73G30L
添加量…ニグロシン、カーボンブラック共に0.5%
評価方法:
成形物の長さで流動性を測定します。長い方が流動性が良い事を示します。



     ニグロシン 0.5%             無着色            カーボンブラック 0.5%
        104%                100%                 86%


                                                           上に戻る
                                                       トップメニューへ

                                                 連絡先 : 06-6261-2003
                                         担当 : 大阪営業所 夘野木(うのき)


 *記載データは保証値ではございません。あらかじめご了承下さい。
 Copyright(C) 2009 Orient Chemical Industries,Ltd,All Right Reserved.