ORIENT BLACK 本文へジャンプ
プラスチックにおける染料と顔料の比較

※少量サンプルご希望の方は小口染料販売(Colorants-retail.com)よりご購入頂けます。是非、この機会にご利用下さい。

プラスチック用の黒色色素には大別して染料と顔料(主にカーボンブラック)があります。
ここでは非晶性樹脂であるポリカーボネート(PC)樹脂に、
色素を添加したプレートを作成し、色の見え方や現象の違いを見ていきます。



非結晶性樹脂〜ポリカーボネート(PC)樹脂での比較

使用樹脂 : 三菱エンジニアリングプラスチックス社製 ユーピロン(R)S-3000R
使用色素 : (染料) NUBIAN BLACK PC-5857
         (顔料) 市販カーボンブラック

外観と色相について
下図に成形プレートの写真と色相データを示しました。
添加量が0.05%以上になると染料、顔料共に黒色に見え、差異は見られません。
0.01%添加では各色素の本当の色が見え、NUBIAN BLACK PC-5857では灰色、
顔料では黄土色に見えます。
次にこれらのプレートの色を分光測色計で測定しました。
測色の結果からどちらの色素も0.05%以上ではa*b*値が「0」に近く、
同じ黒色を示している事がわかります。
ただ、0.01%添加ではカーボンブラックのb*値が「+14」となり、
大きく黄色味を帯びている事がわかります。
NUBIAN BLACK PC-5857では淡〜濃色までa*b*値が「0」に近い為、
無彩色である事がわかります。これはNUBIAN BLACK PC-5857の特徴でもあります。


外観写真

色相データ

PC:ユーピロン(R) S-3000R  1mm

 

content

L*

a*

b*


NUBIAN BLACK PC-5857

0.01%

60.0

-1.5

-0.5

0.05%

6.9

0.4

-2.2

0.1%

0.5

0.4

0.4


市販カーボンブラック

0.01%

30.7

4.0

14.5

0.05%

2.2

0.1

-0.2

0.1%

2.1

-0.3

-0.3






測定条件:スガ試験機株式会社製 分光測色計 SC-T光源D65/10 d/8 15φ
*成形プレート背部に標準白色板を載せて測色
                                  
                               色相相関図

ヘイズ値について
ヘイズ値とは曇りの度合を表す値です。数値が小さい程、透明性が高い事を示します。
ヘイズ(%)=Td/Tt × 100(Td:拡散透過率 Tt:全光線透過率)で算出されます。
下記にヘイズ値のデータを記載致します。表や図が示す通り、
市販カーボンブラックは色素添加量を上げていくとヘイズ値も高くなり、
不透明な状態になっている事がわかります。
それに対し、NUBIAN BLACK PC-5857は色素添加量を増やしても、
高い透明性を示しています。
どちらの色素も0.05%以上の添加量ではほぼ同じ黒色を示しますが
「染料」と「顔料」ではこのような現象の違いがあります。


PC:ユーピロン(R)S-3000R  1mm

 

content

ヘイズ値()

NUBIAN BLACK PC-5857

0.01%

0.1

0.05%

0.5

0.1%

1.3

市販カーボンブラック

0.01%

2.9

0.05%

16.4

0.1%

30.0












測定条件:日本電色工業株式会社製 濁度計 NDH2000 光源:D65


           添加量とヘイズ値の関係


※少量サンプルご希望の方は小口染料販売(Colorants-retail.com)よりご購入頂けます。是非、この機会にご利用下さい。

                                                           上に戻る
                                                       トップメニューへ

                                                 連絡先 : 06-6261-2003
                                        担当 : 本社営業所 夘野木(うのき)

 *記載データは保証値ではございません。あらかじめご了承下さい。
 Copyright(C) 2009 Orient Chemical Industries,Ltd,All Right Reserved.