ORIENT BLACK 本文へジャンプ
BONJET BLACK CWシリーズ 〜自己分散型カーボンブラック〜


Bonjet Black CW シリーズ はカーボンブラックを化学的処理し、
カーボンブラック表面に親水性官能基を付加させる事により、
水に分散している自己分散型の水系微粒子分散体です。
分散体中に分散樹脂や活性剤は一切含まれておりません。
従来の樹脂分散型と自己分散型の模式図を表します。





自己分散型カーボンブラックの表面官能基

以下にカーボンブラックの表面モデルと表面官能基の概略図を示します



カーボンブラックの基本性能
カーボンブラックの基本性能を表すのに、
一般的に「一次粒子径」「ストラクチャー」「DBP吸収量」「比表面積」といった値が用いられます。

一次粒子径 :CB凝集体を構成する小さな球状成分の大きさ。
ストラクチャー:アグリゲートの発達度合いをストラクチャーといい、ハイ(高)、ノーマル(中)、ロー(低)に分類される。
DBP吸収量 :ストラクチャーをDBP吸収量を以て間接的に測定。
比表面積  :窒素吸着法にて測定。






BNJET BLACK CWシリーズと従来の樹脂分散型分散体との特性比較


                                                          上に戻る
                                                       トップメニューへ

                                                連絡先 : 03-5942-8311
                                           担当 : 東京営業所 小原

*記載データは保証値ではございません。あらかじめご了承下さい。
Copyright(C) 2009 Orient Chemical Industries,Ltd,All Right Reserved.