ORIENT BLACK 本文へジャンプ









































































濃度による黒の見え方

黒を何かを言葉で表現することは難しいと思います。
一般的に可視光域で光の反射がほとんどない場合は「黒」と呼ばれていますが、
実際に色を目の前にしないと理解が難しいのではないでしょうか?
そこで、当社製品を使用して、人間の視覚で認識される「黒」の境界を探りました。
製品にBONJET BC-261を使用し、各染料濃度(0.5%〜4.0%)でインク化を行います。
これをバーコーターでコート紙に展色しました。
展色試料と試料のO.D値、(L*、a*、b*)を下表に示します




表の染料濃度による展色試料で当社社員に「黒」の境界について、
アンケートを実施しました。その結果、
2.5%から黒に見える…40%
3.0%から黒に見える…50%
3.5%から黒に見える…10%
となりました。皆様は何%からが「黒」と感じられるでしょうか?

下図は各染料濃度の(a*、b*)をプロットしたものです。



高濃度になるにつれ、(a*、b*)=0に近づく傾向があります。
これは、無彩色になることで黒色度が増すという事を意味しています。
L*値、O.D値についても同様で、高濃度になるにつれ黒色度が増しています。

このように、目視、(L*、a*、b*)値、O.D値という3つの観点から、
BONJET BC-261を使用した「黒」の境界は染料濃度2.5%〜3.0%にあると言えるのではないでしょうか?

                                                           上に戻る
                                                         トップに戻る

                                                連絡先:03-59421-8311
                                            担当 : 東京営業所 高田

*記載データは保証値ではございません。あらかじめご了承下さい。
Copyright(C) 2009 Orient Chemical Industries,Ltd,All Right Reserved.